ロードバイクを趣味にしてサイクリングへGO!

私は、ロードバイクを趣味にサイクリングを楽しんでいます。
ロードバイクを趣味とする魅力には、たくさんの理由があると思います。
まず、一人でもグループでも楽しめる事です。
自分の好きな時間に好きな場所に、思いつくまま行動できます。
またサークルに入って同じ趣味を楽しめます。
さらには、ロードレースに参加する楽しみ方もあります。
私は、どちらかというと一人で気ままにツーリングするのが好きです。
日頃の運動不足を解消したり、長時間有酸素運動をすることで効率的に脂肪を燃焼させることができダイエット効果があります。
何より走っているときに、汗をかきながらペダルを無心に回すことや普段とは違った風景を楽しむことで、ストレス解消になり爽快感が味わえます。
また、ロードバイクはメンテナンスも面白いんです。
ロードバイクの各部の名称を覚え自分でできる簡単なメンテナンスをします。
自転車をベストなコンディションに保つには日頃からメンテナンスが大切なんです。
ロードバイクの基本的なメンテナンスは、空気圧の確認、フレームやチェーンの汚れを落としたり、オイルをチェーンやギヤに注いだり簡単な項目から始めます。ロードバイクは簡単に前後輪が外すことができるので、パンク修理もできるようになれば、一人での遠出も安心です。

サイクリングに最適な時期が来ました。しばらく放置していたロードバイクののメンテナンスチェックをして早々出かけてみます。
季節の風景や香りを肌に感じながらサイクリングを楽しみます。

【春】ごがつはなつですか?いいえ五月です。【夏】

暑いです。

たしかに五月って夏の始まりですし
暦の上で「夏」っていわれてますよね?
でもこんなに暑い日々でいいのかー!って思っているんです。

その昔。五月は気温は低いしさわやかですが、紫外線が一番強くて云々ってUVケアの商品の
あれやこれやでよく、いわれてましたけれど。
ゴールデンウィークで遠出するわけでもなく。車にのったり自転車に乗ったりして。

みんな半そでだし!
熱中症に注意っていわれるし!みたいな感じで「日焼け予防は五月から!」とか
あたりまえじゃないかー!って叫びたくありません?

五月は夏ですか春ですか?

日本の季節の分け方とすると。
3月まで冬、4月から春。
7月から夏、12月から冬?
六月は梅雨。五月は初夏。八月は晩夏。
九月は初秋?11月が晩秋?

八月の終わりごろには夕暮れが早くなっていって。
九月になると確かに涼しくなって。
三月の終りには、桜が咲いて。
四月入学式には桜が散っているんです。
でも、卒業式に桜が満開で。入学式にも桜が満開でって。一ヶ月ズレてるじゃーん!って
最近。ツイッターでみたりしたんですが。
沖縄ならそろそろ梅雨になる五月はじめ。
北海道はこれから花のシーズン?

日本は狭いけど広くて、とりあえず五月は真夏だと思って間違いないような気がするのです。
(エアコンのリモコンを持ちながら)http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/

お金の管理は大事。家計簿が大好き女性です

私の趣味は家計簿をつける事です。
以前までお金の管理はずぼらで貯金など興味すらない人間でした。
結婚をし家家計を任される事になり、貯金がない事はまずいと思い、始めたのが家計簿です。
三日坊主の私が続けることができるのがすごく不安でしたが、インスタグラムなどで家計簿を投稿している方がたくさんいらっしゃり、学びながら家計簿つけています。
2週間に一度ちゃんと合っているか〆ます。その時にしっかり合っているとすごく嬉しいです。
今月は何円余らそうなど考えて買い物に行くようになりましたし、特に料理のレシピが増えました。
買い物を行かないように、冷蔵庫にあるもので作ったり、毎日毎日勉強しながら生活しています。
予算が1万円以上余った時は、達成感を感じ自分よく頑張ったと褒めてあげました。
暇さえあれば、他の主婦の方の家計簿のつけ方を見たり、家計簿のつけやすいフォーマットを考えています。
今月も1万以上余るように頑張っています。趣味として家計簿をつけているので続けれそうです。

貧乏でも明るく楽しい節約料理でおいしい生活

趣味と聞くとお金がかかることや時間を費やすことを考えがちですが日常生活の中にも趣味に出来ることがたくさんあります。貧乏でもご飯は毎日食べたいですしその為に費用の掛からない食事を自炊することは億劫かもしれませんが発想を転換し節約料理を考案しながら料理を毎回楽しめるので節約料理を趣味にすることはとっても賢い趣味だと言えるでしょう。料理が苦手でも貧乏ならどうにか工夫した料理をし生活をしなければ生きていけません。たとえその日の食卓が貧し過ぎるお粗末レシピだったとしても、節約料理が趣味だからと考えることが出来たらその節約料理は趣味の作品になりますから毎回食事の時間が楽しみになります。食事には食費が掛かり、これこそが生活費の大半の費用を占めていますから貧乏であるほどに貧しい食事に嫌気をさすものです。明るい気持ちで節約料理でおいしい生活は楽しいです。お金が節約できることと料理の腕前も上がりますから料理嫌いだった私には最高の趣味です。